karei.bmp karei1.bmp

原作では、、、

原作では、、、

権力と癒着する金融界の暗部にメスを入れた原作は1973年に出版。
計115万部を売り上げる。

1970年代、財閥を束ねる銀行頭取・万俵(まんぴょう)大介の長男で
財閥内の鉄鋼会社の専務、鉄平(木村拓哉)は、
会社をけん引する立場ながら、父親との確執、
自らの理想と一族の思惑のはざまで苦悩、、、。

原作では父親の銀行頭取が主人公となっているが
今回は長男(木村拓哉)を主人公に据えてドラマ化。
この記事へのコメント
そうですね。
キムタクを主人公にして、脇役たちもよかったですね。
光に寄り添う影のようで、それぞれの役がありました。
Posted by iina at 2007年01月11日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。