karei.bmp karei1.bmp

木村拓哉と華麗なる一族@

木村拓哉コメント
好評のドラマ「華麗なる一族」、主役の木村拓哉さん、ある雑誌でのコメントです。
「鉄平は鉄という物質そのものに熱意を抱いているわけですけど、正直なところ撮影前はどこかフィルターがかかった状態でしか彼の心情を理解できていなかったんです。とkろがいざ撮影で溶鉱炉の前に立ち、光や熱、音や色彩を体感した瞬間ピントがあいました。1625度という高温の中でよりよいものを作りたい、と常に考えている男なんだな、と」。
キムタク演じる鉄平が演じるのは1960年代後半、日本中が上を向いていたエネルギーの充満した時代。
40年前のこの時代に対しての印象についてこうコメントしています。
「今の世の中のどこか冷めた感じからすると”何アツくなってんだよ”と言われてしまいそうですよね。でもむしろ”アツくないと何もうまれないゾ”という時代だったと思います。ゆえに今を生きてる人たちに鉄平の生き様がどう移るのか興味がありますね」。
★次回、木村拓哉と華麗なる一族Aをお送りします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ケータイの掟。
Excerpt: au ケータイの掟 #136 1分で終わる内容なのに、 30分話していたら、 それは恋である。   ・・・「 暇 」の間違いでは。 20日から本格的に始まるそうです。 ..
Weblog: KENTALOG
Tracked: 2007-02-11 23:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。